指導方針

従来の習字教室とは違う教室を!!

 

緊張していたら、良い字が書けない!!

これが私の考えです。

 

JAZZやボサノヴァの流れる中で、机と椅子でお稽古します。

膝や腰が痛い方にも、無理なく続けられる教室です。


 

-幼児-

 

◎正しい鉛筆の持ち方を一番の目的とします。

◎自由にのびのびと線を書かせ、書く楽しさを味わう。

迷路や塗り絵なども大切な運筆です。

◎色々な形を識別したり、類別する力を養い

手本を見て字形を習得する力を

◎左から右へ、上から下へ色々な線を書く練習をします。

ゆっくりと丁寧に書くことを目的とします。

 

 

-小学生-

 

◎まずは平仮名から、正しい字形を書けるようにお稽古します。

◎学年ごと習う漢字を書き順→字形という順番でお稽古します。

◎希望者には日本武道館の書写書道検定(1科目220円)を

受けて頂きます。

 

 

お子様のやる気を引き出すのには

 

お父様・お母様のご協力が必要です。

 

お子様の努力を褒めてあげて欲しいのです。

 

家で、字の練習をしようとしていたら

 

まずは字を書く行為を褒める。

 

そして見守ってあげて下さい。

 

親が褒めてくれると子供は頑張れます。

 

褒められた事によって、字を書くことが好きになります。

 

 

 

 

-中学生以上-

 

◎小学生同様、平仮名から

理由としましては手紙やノード等、漢字よりも平仮名の方が

多く、美しい平仮名が書ければ6~8割の字が上手くなった

のも同然と私は考えるからです。

◎ご希望の【書く】シチュエーションによって

美文字になれるようにお稽古します。

◎大人の教室に関しては、いざと言う時に緊張しないよう

毎回、教室に来て頂いた際に芳名帳を書いて頂きます。

 

 

努力した結果は必ず出ます。

継続は力になります。

 

清泉会では、年に数回作品展を開催したいと思っております。

古代文字を使っての作品制作や、墨流し、マーブリング

うちわ制作、カレンダー制作等々・・・

 

楽しみながら続けられるようにお稽古していきたいと

思っております。

 

◎作品を発表することにより、子供のやる気を育てます。

◎皆の作品を見る事により、目も養いたいと思っております。

 

 

 

 

以上。